【国際親善試合 日本vsU-24日本】弟に力を見せつけた兄

日本vs日本

6月3日に札幌ドームで開催される予定だった日本とジャマイカの試合は、
ジャマイカの選手が10人しか来日できていないとのことで中止に。

その代わりに組まれたのが、A代表vsU-24代表の日本代表同士の対戦。

U-24は中1日でガーナ戦が組まれている(しかも福岡で)ので、
インターハイばりのタイトな日程をこなすことになってしまったけど、
今までありそうでなかった”兄弟対決”に、
興味をそそられたのは自分だけではないだろう。

お互いに日本サッカー協会創設100周年記念ユニフォームに身を包んだ一戦は、
無観客の札幌ドームで19時30分にキックオフを迎えた。

A代表の年の功

日本代表同士の対戦ということで、
どんな雰囲気の試合になるのかなと思っていたのだけど、
キックオフ直後からハイペースで試合に入ったA代表に対し、
どこかフワッとした感じのU-24。

いきなりA代表にセットプレーのチャンスを与えると、
これをファーサイドでドフリーになっていた橋本拳人が決め、
前半2分という早い時間にA代表が先制点を奪ってしまった。

その後、同点に追いつくべく、この世代の顔である久保建英を中心に、
シュミットダニエルが守るゴールに攻め入ったU-24だったけど、
なかなかチャンスらしいチャンスが作れなかった。

選手個々の力を考慮すればU-24にも良い選手は揃っているのだけど、
森保体制が発足して3年、ある程度同じメンバーで、
アジアカップやW杯予選などの公式戦を戦っているA代表と比べると、
たまに集まって親善試合をこなすだけのオリンピック代表では、
チームの完成度が違いすぎる。

今回のオリンピックの開催国の日本は予選を免除されているので、
継続的な公式戦の経験が不足しているというのは、
U-24にとって不安材料かもしれないね。

そんな上手くいっていないU-24を尻目に、A代表は鎌田のゴールで追加点。

これぞ鎌田と言いたくなるような
見事なトラップからのコントロールショットだったね。

スペードのエースは背番号6

A代表は5人、U-24は4人選手を入れ替えた迎えた後半も、
A代表ペースの試合展開は変わらず、
後半7分に小川のクロスから、無所属(!)の浅野がゴールを決め、
A代表のリードは3点まで広がった。

U-24を率いた横内コーチは、左に前田で右に相馬を置いていたけど、
トップに前田、左に相馬、右に田川という風に並べた方が、
所属クラブのポジションに近くなるので、
上手くいくんじゃないかと思ったのは僕だけだろうか。

このままA代表がどこまで点差を広げるのかなと思っていたところ、
U-24にとってネガティブな流れを一変させたのが、
オーバーエージとしてU-24チームのベンチに座っていた遠藤航の投入。

遠藤に関しては20-21シーズンのブンデスリーガで、
1対1の勝利数1位という結果ばかりがクローズアップされがちだけど、
この選手のリンクマンとしての能力の高さは傑出している。

中山と板倉の中盤の時はさっぱりゲームメイクが上手くいかなかったのに、
板倉のポジションに遠藤が入ると、分断されていたDFラインと前線が繋がり、
見違えるようにパスが回り始めた。

結果的にこの試合でU-24はゴールを奪うことは出来なかったけど、
遠藤と前半のみの出場に終わった久保が、
同じ時間帯にプレーしているところを見たいなと思ったね。

オーバーエージを組み込む時間は十分にある

先日、北九州で行われたアルゼンチン戦でのU-24は、
とても良い試合をしていたので、
この試合でU-24がA代表相手にどんな試合をするのか期待していたのだけど、
期待外れだったなと言わざるを得ない。

ただ、これまでのオリンピックに比べると、
オーバーエージ組をチームに組み込むためのテストマッチは多く組まれているので、
この試合で違いを見せた遠藤だけでなく、出場機会の無かった酒井と、
吉田の能力を如何なく発揮できるようなチーム作りをして欲しいね。

あ、本日、ようやく全員来日することが出来たジャマイカ代表の皆さんには、
12日の豊田でのU-24戦に向けてしっかりと準備してくれることを期待しています。

A代表30U-24代表
‘2 橋本拳人
’41 鎌田大地
’52 浅野拓磨