【明治安田生命J3リーグ4節 ロアッソ熊本vsガンバ大阪U-23】格上相手に奮闘した若き青と黒の選手たち

テクニカルエリアで選手とともに戦う漢

前節の鳥取戦から中2日で対戦する相手は、
J3開幕から3連勝を挙げ、首位の秋田と同勝ち点で2位の熊本。

熊本のホーム且つ、熊本は前節から中3日での試合という2点だけ切り取っても、
熊本にとって有利な条件が揃っている試合にも関わらず、対するガンバ大阪U-23は、
タビナス、松田、高木、黒川、奥野が遠征メンバーに帯同していないと来れば、
スタメンを見るだけでも苦しい戦いを強いられることは明らかだった。

まあ、セカンドチームという立場上、
トップチーム優先になってしまうのは致し方無いけど、
限られた選手・スタッフをやりくりしながらJ3を戦えるチームを作っている森下監督は、
本当にいい仕事をしていると思う。

これまでの磐田、鳥栖、群馬での監督キャリアは、
結果だけ見ると成功しているとは言い難く、
そのことで他サポから評価が低いところがある森下監督だけど、
少なくともガンバ大阪U-23の監督としての仕事は賞賛に値する。

今季で活動が終了する予定のU-23チームだけど、
来季以降もガンバ大阪に何らかのポストで携わって欲しいものだけどね。

良い意味で期待を裏切られた

熊本の監督はあの大木武監督なので、熊本がどんなサッカーを志向するかは、
少しJリーグの知識がある人であれば、わざわざ説明するまでも無いだろう。

前半からポゼッションでU-23を圧倒した熊本は、
クロスバー直撃のシュートをはじめ、何度も吉川の守るゴールを脅かした。

対するU-23は高く設定されていた熊本のDFラインの裏へ長いボールを送り、
唐山を走らせることでチャンスを窺っていたけど、
大木サッカーにポゼッションで対抗するのは難しいので、この選択肢しか無かったと思う。

そんな苦しい状況で目立ったのが、左SBのポジションでJデビューを飾ったシンウォノ。

以前、ガンバに所属していたぺスヨンは、J3レベルでも厳しい選手だったので、
ぺスヨンと同じ高校出身ののシンウォノに対しては懐疑的な見方をしていたのだけど、
左足のキックもさることながら、走力やフィジカルコンタクトに優れていて、
思っていたよりも良い選手だった。

次節以降も継続して見てみたい選手だなと思っていたら、
後半の失点の場面で腕を負傷し途中交代。

試合終了後には、三角巾で腕を吊り、指もギプスで固定されている状態でピッチに現れたので、
おそらく早期の復帰は難しいかと思うけど、
デビュー戦にも関わらずポジティブな印象を残してくれたので、
早く全快してまたピッチで元気な姿を見せてほしいものです。

格上相手との苦戦の中で見えた光明

また、この試合ではシンウォノが左SBでスタメン出場していたので、
本来、左SBを主戦場とする山口は左CBでの出場となった。

山口がCBとしてどれだけやれるか未知数だったけど、
熊本がロングボールを戦術として取り入れていないこともあり、
高さやフィジカルで後手をとっている印象は無かった。

むしろ、最終ラインからドリブルで持ち上がるプレーが良いアクセントになっていて、
機能していたようにも見えたね。

苦しい試合展開ながらもポジティブなプレーも多かったので、
可能であれば勝たせてあげたいなと思っていたのだけど、
後半14分にガンバの左サイドを深くえぐられたところから、
マイナスのクロスを決められて失点。

実力差を考えるとよく持ちこたえていた方だけど、
この失点の直前に唐山がGKと1対1の決定機を迎えていたので、
そこで決められなかったのが悔やまれるところやね。

プロ契約しているとは言えまだ高校3年生なのでエクスキューズの余地はあるけど、
1トップのポジションで得点の期待を一手に担っている以上、
あそこで決められる選手になって欲しいね。

次節こそホーム初勝利を

次節は中3日空いてホームで鹿児島戦。

3節ではホームで鳥取に3失点を喫して手痛い敗戦を喫しているので、
今節、遠征に帯同できなかったメンバーとも共闘し、
今季ホーム初勝利を飾って欲しいと思います。

ロアッソ熊本10ガンバ大阪U-23
’59 伊東俊