【明治安田生命J3リーグ5節 ガンバ大阪U-23vs鹿児島ユナイテッド】ヤングガンバの停滞は続く

センターバックらしいセンターバック

前節の熊本戦から中3日でホームに迎えるは鹿児島ユナイテッド。

鹿児島と言えば、昨季、ガンバに在籍していた青山が所属しているので、
この試合で再会できるんじゃないかと思っていたら、
なんとその青山は前節の鳥取戦で一発退場になったそうで、この試合は出場停止。

昨季のガンバでは出場機会に恵まれていなかった青山だけど、
まさか移籍してからもパナスタでの試合に出場できないなんて、
よほどガンバとの相性は悪かったんだな。

まあ、まだ老け込むような年齢でもないし、
最終ラインにビルドアップ能力が求められるチームではなく、
低いラインで跳ね返すような守り方をするチームであれば、
まだまだやれる選手だと思うので、ガンバに在籍した1年だけの縁だったけど、
今後の青山のキャリアにエールを送りたいと思います。

サッカーは単純な足し算ではない

今節は、前節の熊本戦の遠征メンバーに入らなかった、
タビナス、松田、黒川、高木が先発に復帰。

熊本戦は彼らが不在の状態でも、若いメンバーで善戦したので、
この試合では、熊本戦からの上積みに期待していたのだけど、
1+1が単純に2にならないのがサッカーの難しいところ。

熊本戦ではあれだけ攻め込まれながらも粘り強く守って、
最少失点で試合を終えることが出来たのに、
この試合では前半と後半でそれぞれ2失点ずつ喫してしまったのは、
残念でならなかった。

攻撃面では唐山が2得点を挙げたのはポジティブな要素だけど、
どちらも試合に大勢が決した後の得点だったことにケチが付く。

願わくば、1点ビハインドの状況で迎えたGKとの1対1の場面で、
試合を振り出しに戻すゴールを決めていれば、
この試合の行方はまた違ったものになったんじゃないかと思う。

似た者同士だからといって機能するとは限らない

また、この試合ではこれまでトップチームに帯同していた山本が、
市丸とダブルボランチでJ3のピッチに初登場。

トップチームでは少ない時間ながら出場機会を与えられた山本だったけど、
正直、J1の試合で起用するには時期尚早と感じられたので、
U-23の試合に出場させるという判断は正しかったと思う。

しかしながら、市丸と山本って、プレースタイルが似通った選手なので、
どちらが中盤で守備的な役割をするのだろうと思っていたら、
案の定、中盤のフィルターが機能せずバイタルエリアがスカスカに。

今季は、クロスボールに対して遅れてペナルティエリアに入ってくる選手に、
フリーでシュートを打たれる場面が多いけど、
1失点目と3失点目の場面に象徴されるように、
この試合ではそのウィークポイントが顕著だったように思う。

まあ、山本はまだU-23のチームではあまり練習できていないだろうから、
エクスキューズの余地はあるけど、今後はJ3の試合での出場機会も増えると思うので、
中盤での役割を整理してあげたいところやね。

J3降格組2連戦

次節はアウェイで岐阜戦。

5節終了で2勝2分け1敗と可もなく不可もなくという戦績の岐阜だけど、
今節は昨季まで岐阜の指揮官だった大木武率いる2位の熊本に初黒星を付けたので、
ここから勢いづいてくる可能性は十分に考えられるね。

幸い、次節まで中6日空くので、良い準備をしてアウェイでの戦いに備えて欲しいね。

ガンバ大阪U-23 24 鹿児島ユナイテッド
‘6 中原秀人
’39 平出涼
’47 馬場賢治
’79 唐山翔自
’82 三宅海斗
’90+7 唐山翔自