【明治安田生命J1リーグ6節 ガンバ大阪vsサンフレッチェ広島】ボールは譲っても勝ち点3は譲らない

ブーイングスターは現れず

前節の大分戦から中3日、
我らがガンバ大阪はホームにサンフレッチェ広島を迎えた。

広島と言えば、ガンバサポーターが大好きなS水K平が昨季から復帰しているので、
出場したらお行儀の悪いサポーターが現れてしまうかなと心配していたけど、
この試合ではベンチにも入ってなかったね。

まあ、大分戦でも田中達也に対してブーイングも無かったみたいだし、
もし出場していても大丈夫だったとは思うけど。

広島の布陣は大分のそれと似てて非なり

広島の布陣は大分と同じ3-4-2-1ということもあって、
大分戦と同じ3バックの布陣で臨むだろうなというのは容易に想像できたけど、
夏場の連戦を考慮したターンオーバーとは言え、
アデミウソンと小野瀬がベンチからも外れていたのには少なからず驚いた。
(ベンチに唐山が入っていたのにはさらに驚いたけど)

前線からのプレスが大分戦で機能したということで、
この試合でも前からボールを奪いに行ったガンバだったけど、
広島のボランチとDFラインのビルドアップ能力は大分のそれよりもレベルが高く、
プレスを簡単に剥がされてしまった。

広島って森保監督時代は典型的な堅守速攻型のチームだったのに、
城福監督になってここ1年ちょっとで、
すっかりポゼッション型のチームに様変わりしたね。

また、広島のシャドーの森島とレアンドロ・ペレイラが、
アンカーの遠藤の脇のスペースで上手くボールを受けるので、
ガンバとしては守備が後手に回る場面が多く、
なかなか難しい試合を強いられることになってしまった。

そんな難しい試合展開で、ガンバに先制点をもたらしたのはキャプテン・三浦弦太。

宇佐美のCKからフリーで合わせる形だったけど、
J屈指のエアバトラーである佐々木翔のマークを外した駆け引きは見事だった。

ゴールを死守した青黒戦士たちに拍手を

後半も引き続き広島のペースで進んだこの試合。

まあ、ガンバにも良い場面はあったのだけど、
遠藤と宇佐美がベンチに下がってからさらに守勢の色が濃くなった。

遠藤に関しては、前半は強烈なミドルでスタジアムを沸かせたものの、
後半になって運動量が落ちていたので交代は妥当だったと思う。

ただ、遠藤がいれば、ゴール前で広島の攻撃を凌いだ後、
低い位置からパスを繋いで試合を落ち着かせることができたのに、
遠藤がいなくなってから単純なクリアが増えて、
二次、三次攻撃を受ける場面が増えてしまったのが、
後半の戦いが苦しくなってしまった一つの要因じゃないだろうか。

しかしながら、ここからGK東口を中心に、
驚異的な粘りで広島の攻撃を完封した守備陣は称賛したい。

小野のシュートブロックには思わずガッツポーズが出たし、
この試合で唯一の得点を挙げた三浦に至っては、
守備面のパフォーマンスに於いても
ガンバ加入以来最高のものだったんじゃないだろうか。

レアンドロ・ペレイラにアディショナルタイムにゴールを許し、
ほぼ手中に得ていた勝ち点3を手放した、
昨季のホーム広島戦の悪夢を払拭する会心の勝利だったね。

試合が見られるのは嬉しいけど選手は大変ね

ただでさえもリーグ戦は長丁場、
ましてや今季は新型コロナウイルスによるリーグ中断期間があったことで、
夏場に連戦が組まれているので、このようにタフな試合が増えるのは必然。

ただ、悪い時に悪いなりに勝ち点を稼げるチームが、
往々にして冬にリーグ戦の順位表の上の方にいるので、
守勢の展開の中得たこの勝ち点3は非常に大きいものだったと思う。

次節は中3日でアウェイの神戸戦。

神戸のポゼッションは広島のそれよりもさらにレベルが高いので、
ボールを回される時間が長くなると思うけど、
この試合のように粘り強く戦って、神戸から勝ち点3を持って帰って来て欲しいね。

ガンバ大阪10サンフレッチェ広島
’41 三浦弦太